司法書士しおり綜合法務事務所

お気軽にお問い合わせください

無料相談フォーム
無料相談フォーム
個人再生に特化した司法書士事務所
個人再生の相談無料/報酬の分割払いOK/女性司法書士が運営する事務所
このような方におすすめです/借入総額が300万円以上ある/住宅や財産がありそれを守りたい/多額の借金のため解決方法がわからない

このような方にオススメです

上記以外にもこのような方は個人再生がおすすめです

上記以外にも

  • 金融業者からの督促請求を今すぐ止めたい方
  • 住宅ローンの支払いが困難な方
  • 他の事務所で、自己破産または任意整理しかないと言われた方
  • 自己破産は絶対にしたくない方
  • 借金額を大幅に減らしたい方
  • 高額な財産があり、その財産を失わず、借金の整理をしたい方
  • 職業(警備員や保険外交員など)の関係で自己破産ができない方
  • 自宅が競売または任意売却中の方
  • ギャンブルや浪費による借金がある方
このような方には、
個人再生がオススメです。
無料相談フォーム
個人再生に特化した女性司法書士が対応いたします
無料相談フォーム

【営業時間】平日10:00~18:00

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所を通じて行う債務整理の手続きで、自己破産は避けたい、守りたい財産がある、破産免責が取れないなどの方には、任意整理で元金を返済するより借金の減額幅が広いというのが特徴です。概ね5分の1(最低返済金額は100万円)まで減額され、それを3~5年で支払う事ができれば、残りの借金は免除される事になります。

自宅・車を残せる+大幅減額

裁判所への申立が必要という意味では自己破産と同じですが、裁判所では以下のような説明がされています。

個人再生手続とは,借金などの返済ができなくなった人が,全債権者に対する返済総額を少なくし,その少なくなった後の金額を原則3年間で分割して返済する再生計画を立て,債権者の意見を聞いたうえで裁判所が認めれば,その計画どおりの返済をすることによって,残りの債務(養育費・税金など一部の債務を除く)などが免除されるという手続です。

引用元:個人再生手続利用にあたって

例えば、750万円の借金がある人が任意整理をしようとすると、将来的な利息はカットされても、毎月13~14万円の支払いが必要になります。
これを個人再生手続きすることで、借金は150万円まで減額される可能性があります。その金額を36回(3年)で分割すれば、毎月の支払いは約4万円となります。

個人再生のメリット

個人再生のメリット

  • 住宅や車等、処分したくない財産が残せる

    ※車のローンがある場合、その限りではありません

  • 任意整理に比べ、借金の大幅な減額が期待できる

    一般的には任意整理よりも借金が減額できます

  • 自己破産のような制限がありません

    自己破産のような職業の制限がなく、借金の原因についても問われません

解決事例

40代男性 会社員(愛知県在住)の方のケース

ご相談内容

2人の子どもにも恵まれ、ローンを組んでマンションを購入したSさんです。住宅ローンのほかには借り入れが少しありましたが、順調に返済をしていました。しかしながら職場の異動で収入が減り、生活費の為に新たな借り入れを行いました。

最初は順調に返していたのですが、教育費にもお金がかかり、借金はだんだんと増えていきました。

このままでは住宅ローンが支払えなくなってしまうというところまで借金が増えてしまい、当事務所の出張無料相談会に来て頂きました。

個人再生により
借金を大幅に減らして解決
  • 個人再生により借金を約400万円減らすことができました。残りの借金を金利0%で3年分割で完済することになりました。
  • 住宅ローンは従来とおり支払いを続けることにより、自宅マンションを守ることができました。
ご相談前 ご依頼後
借入残高 約500万円
(住宅ローンは別途)
約100万円
(金利0%、住宅ローンは別途)
月返済額 約13万円 約2万8,000円
(3年間で完済。住宅ローンは別途従来とおり支払い)
※表は横スクロールできます

解決への道

銀行や信用金庫などからの買い入れが多く、利息制限法によって借金が減る事案ではありませんでした。
しかし、個人再生によって、住宅ローン以外の借金を400万円から100万円まで減らすことができました。この100万円の借金を将来発生する金利を0%にして、3年間の分割(月約2万8000円)を支払うことにより完済することになりました。
住宅ローンはそのまま支払っていくことにより、自宅マンションを手放さずに済みました。

40代女性 パート社員(さいたま市在住)の方のケース

ご相談内容

夫には安定した収入があり、住宅ローン以外は、借金とは無縁の生活をしていました。
しかし、収入が減ってきた主人の給料をカバーしようと、株式投資をする為に、借り入れを始めました。当然のことながら投資は続かず、増やしてしまった借り入れだけが残りました。その金額は、900万円近くまで増えました。ご主人にも話ができす、一時は自殺まで考えていましたが当事務所のインターネットサイトをご覧になり、どうにかしたい一心で御来所頂きました。

個人再生による
借金大幅カットで解決
  • 利息制限法、及び、個人再生によって、住宅ローン以外の約800万円の借金を約160万円まで減額できました。この約160万円を毎月約4万4000円の3年間支払いによって完済することになりました。
  • 住宅ローンは従来とおりの支払いを継続していただきました。
ご相談前 ご依頼後
借入残高 約800万円
(住宅ローンは別途)
約160万円
(金利0%、住宅ローンは別途)
月返済額 約23万円 約4万4,000円
(3年間で完済。住宅ローンは別途従来とおり支払い)
※表は横スクロールできます

解決への道

過去から借り入れをしていた消費者金融など金利の高い業者が若干含まれていたので、利息制限法によって約890万円の借金が約800万円になりました。
さらに、個人再生によって、この約800万円の借金が約160万円まで減額できました。この160万円の借金を金利0%で3年間で完済することになりました。
住宅ローンは遅れることなく支払いを続けておられたこともあり、従来とおりの支払いを継続していただくことになりました。借金の返済の見通しが付いて大変助かりましたと、喜ばれております。本当によかったと思います。

個人再生を利用できる条件

無料相談フォーム
個人再生に特化した女性司法書士が対応いたします
無料相談フォーム

【営業時間】平日10:00~18:00

事務所案内

事務所名 司法書士しおり綜合法務事務所
代表者 司法書士 三宅由実
東京司法書士会所属第5237号
簡裁訴訟代理権関係業務認定会員 認定番号第801174号
所在地 〒110-0015
東京都台東区東上野3-26-10 ファーストコート902
営業時間 平日10:00~18:00
※ご相談内容により、土日祝にも対応。
アクセス JR上野駅入谷口より徒歩約5分。
※JR高崎線・東北線・京浜東北線・常磐線・地下鉄日比谷線をご利用ください。
相談料 無料
費用 個人再生書面作成費用 40万円(別途消費税)
分割支払い回数 最大10回
その他 実費・裁判所に支払う費用が別途10~20万円必要の場合あり

個人情報保護方針

はじめに
司法書士しおり綜合法務事務所(以下「当事務所」という)は、個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守し、当事務所が取り扱う情報の安全管理及び取得した個人情報の保護を適切に行います。
1.個人情報の取得
当事務所は、下記第2項記載の利用目的のため、お問い合わせ、法律相談及び事件受任の際に、適正な手段により、個人情報を取得しております。
2.個人情報の利用目的
当事務所は、取得した個人情報(以下「本件個人情報」という)を、以下の事項を目的として(以下「本件利用目的」という)、本件利用目的の達成に必要な範囲でのみ使用致します。
(1)法律相談ないし依頼者の代理等の事件処理
(2)依頼者、相手方、裁判所その他の政府機関との連絡
(3)請求、支払いなどの会計関連業務の遂行
(4)ご挨拶状及び年賀状等の発送、当事務所の広報
(5)お問い合わせへの対応
(6)その他、上記利用目的に付随する目的
個人情報保護法、その他の法令等により認められる事由がある場合を除き、ご本人の同意がない限り、この範囲を超えて個人情報を利用することはありません。
3.個人情報の安全管理
当事務所は、個人情報を適切に管理し、個人情報の漏洩、滅失、毀損等に対する予防に努めます。
4.個人情報の第三者提供
当事務所は、個人情報を、個人情報保護法その他の法令の規定により許容されている場合、または別途利用目的を通知、公表している場合を除き、原則として、ご本人の同意を得ずに、第三者への個人情報の提供、開示は致しません。
5.個人情報の開示・訂正等
当事務所は、個人情報について、開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかる、ご本人からのお申し出があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めに従い、誠実かつ速やかに対応します。
なお、当事務所の業務の適正な実施が妨げられる可能性がある場合や、お申し出が個人情報保護法の定める要件を充たさない場合、または、個人情報保護法その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、お申し出に添えないことがございます。
6.お問い合わせ
本件個人情報に関する開示請求、訂正等請求または利用停止等請求等につきましては、当ウェブサイトの「お問合せ」よりお願い致します。
7.免責事項
当WEBサイトの利用は、お客様の責任において行われるものとします。
当WEBサイト及び当ホームページにリンクが設定されている他のWEBサイトから取得された各種情報の利用によって生じたあらゆる損害に関して、当事務所は、一切の責任を負いません。
8.その他
本プライバシーポリシーは、改訂される場合があります。
なお、改訂されたプライバシーポリシーにつきましては、当ウェブサイトへの公表をもって施行されるものとします。